インプラントなどのオーラルケアで、歯の健康を保とう。

総合病院で受けられる様々な治療

インプラントが生まれた経緯

インプラント治療がなぜ注目されているのか

歯科インプラントとは何らかの原因で失ってしまった歯を人口の義歯を装着することで再生させる治療方法の一つです。入れ歯治療やブリッジ治療などが同様の症状を治療する方法として用いられています。 インプラントは入れ歯治療はブリッジ治療とは異なりほとんどの人にとって治療が保険の適用外なのです。ですからほかの治療方法と比較すると費用が高額になる傾向があります。さらに国内ではまだまだ新しい治療方法なので確かな腕を持って治療できる歯科医も限られているのです。治療とはいえ手術が必要になります。歯茎を切開し義歯の土台となるフィクスチャーと呼ばれるねじを顎骨などに定着させる必要があります。ですから当然失敗するリスクも考慮して治療を受ける必要があるのです。

治療の歴史とメリット

歯科インプラント自体の歴史はずいぶん古く紀元3世紀ごろの人骨にも確認されているのです。しかし歯科治療として確立してからはまだまだ日が浅いのです。現在ではアレルギー反応の起こりにくいとされているチタンやチタン合金が採用されています。このほかにもチタンは骨との結合通いなどインプラント治療において様々なメリットがあるのです。 インプラント治療の最大のメリットとして咀嚼率が挙げられます。入れ歯治療では歯に違和感を感じ食べ物が制限されてしまいます。咀嚼率も天然の歯と比較すると50%以下になってしまうのです。一方でインプラント治療後の咀嚼率は天然の歯の時の80%まで回復するなどより多くの食べ物を食べることができるのです。