オーラルケアで、歯の白さと健康を保とう。

総合病院で受けられる様々な治療
  • オーラルケアは自分でも歯科医でも

    歯をキレイにみせる為にオーラルケアというものがあります。自宅でも進める事もできますし、歯科医院でも治療する事ができます。自宅と歯科医では方法が異なってきますし、効果も違います。目的に合わせて施工する事をおすすめします。

    ▶もっと読む

  • インプラントが生まれた経緯

    インプラントとはどんな歴史があるのでしょうか?かつては一度失った歯は入れ歯をする事ほか方法はないとされていました。そんな歯を再生する事ができた、インプラントという画期的な手法の歴史を紹介します。

    ▶もっと読む

  • インプラントで歯をきれいに

    歯科の治療のひとつで、インプラントがあります。インプラントを使うと虫歯などで、蝕まれた歯を人口の歯でキレイに見せる事ができます。芸能人などの歯をキレイにみせたい人はよく利用しています。

    ▶もっと読む

  • 矯正歯科を考える

    矯正歯科とはどういった手法で歯を矯正するのでしょうか?歯にワイヤーをかけるなど、多くの手法が存在します。歯並びをきれいにしたいと考えた方は数多くいると思うので、紹介していきたいと思います。

    ▶もっと読む

歯を白くするには

アメリカで話題の歯を白くする食べ物

日本人の歯に対する美意識は先進国の中で最も低いと言われています。 しかしそれは決して日本の歯科医療が遅れているわけではなく、1人1人の日々のオーラルケアに問題があります。 歯科医によるケアも大切なことですが、日々のオーラルケアによって葉の状態は大きく変わります。 そこで今回はアメリカで話題の歯を白くする食べ物を紹介します。 まず一つ目は、チーズです。 チーズに多く含まれるタンパク質やカルシウムが口内の酸を守る効果があります。 二つ目は、ゴマです。 ゴマは歯に付いた歯垢を除去する効果があります。 三つ目は、玉ねぎです。 玉ねぎは口内のバクテリアを減らす効果があります。 四つ目はブロッコリーです。 ブロッコリーには歯の表面のエナメル質を守る効果があります。 どの食材も日本でも簡単に購入できるものばかりです。 ぜひ積極的に摂取するようにして下さい。

本当に正しいオーラルケアとは

オーラルケアの基本は歯磨きです。 毎日正しく歯磨きをすることは何より大切なことだと思います。 今回はそんな基本の歯磨きについて掘り下げていきたいと思います。 まず歯を磨くタイミングについてです。 子供の頃親から食べたらすぐ歯磨きをするように教わった人もおおいのではないでしょうか。 しかし実はこれは間違いです。歯磨きの正しいタイミングは食後30分以上過ぎてからです 食後すぐに歯磨きをすると、口内が酸性の状態のままな為、歯に傷をつけてしまうことがあるからです。 次に磨く順番についてです。 歯を磨くときは一番磨きずらい場所から磨くといいです。 また、最初からブラシを大きく動かして磨かずに1本1本丁寧に磨いてください。 最後にすすぎについてです。 一般的には5回くらいすすぐ人が多いと思います。 しかし歯磨き粉にフッ素の含まれているものだと5回もすすいでしまうとせっかくの効果が薄れてしまうので2回くらいにしてください。 毎日のオーラルケアの参考になればと思います。